アロマセラピーとは?

 

 

アロマテラピーは「芳香療法」とも呼ばれる自然療法の一種です。

芳香植物(ハーブ)から抽出した精油を使って、健康や美容に役立てます。

香りの成分を身体に取り入れることで体調と精神の乱れを調整するのが目的です。

 

日本でも注目!アロマテラピーと医療

アロマテラピーという言葉を作った人はフランス人の科学者ルネ・モーリス・ガットフォセ。

その後フランスでは医療として使用される「メディカルアロマテラピー」として発展。

イギリスでは香りによるリラクゼーション「アロマセラピー」

 

香りはどうやって働くの?

精油はいろいろな香りの成分を含んだ揮発性のオイルです。

この成分が身体に働きかけ、体調を整えたり、リラックスさせる効果があります。

 

 鼻から脳細血管そして全身へ、鼻から肺そして全身へ作用、皮膚から毛細血管そして全身へ取り込まれます。 

  

 

好きな香りを嗅ぐことで幸福感、情緒の安定、心を元気にする、自律神経やホルモンバランスをとるのに良い影響を与えます。

 

例えば

柑橘系の精油→腸を動かす作用(消化促進)・抗ウイルス作用などがあります。

 

ユーカリラディアータの精油は→鼻や呼吸器のうっ滞除去作用、(花粉の季節に良い)

 

ローズの精油は→皮膚の細胞促進作用などなど(美肌に)    

 

に良いと言われています。